ボウリング初心者の投げるためのコツをメルマガで配信しています。
スペアーが上手く取れないとか、
ボールを曲げたい、
そんな悩みを持つ人に、
プロやコーチから学んだ基本テクニックから、
中級ボーラーに役立つ情報を無料でお届けします。

友達に黙って良い点数を出したい、
もう少しアベレージをあげたい、
そんな人は、ぜひ登録してみてください。

ボウリングで150点の壁を確実に突破する
苗字
メールアドレス

アメリカのプロでもショートフックを投げる選手は多いのです。

アメリカのプロでもショートフックを投げる選手は多いのです。


初心者の人は、
ボウリング投げ方で、
ショートフックの投げ方は、
カーブの投げ方と違い、
派手な投げ方ではないので、
ショートフックより、
カーブの投げ方を知りたいでしょうが、
実は、ショートフックこそ、
ボウリングのスコアーを伸ばしやすい投げ方なのです。


初心者からプロまで使えるショートフックの投げ方は、
カーブの投げ方のように、
ローダウン投法など、
特別な投げ方をする必要はありません。


ボウリングのスイングで、
バックウイングから、フォワードスイングにうつり、
シューズの横にボールが来た時に、
親指を左45度に向けることにより、
ボールは自然にショートフックの回転が、
ボールにつくのです。


さらに、ショートフックでも、
バックエンドで、
さらに大きく曲げたいのであれば、
カーブの投げ方でもしたように、
親指を早く抜き、
指先にボールの重みを感じながら、
前に押すようにすることにより、
ボールがバックエンドで大きく曲がるようになります。


初心者がボールを曲げるとなると、
マングースや、メカテクターなどの、
ボウリングの用品を使うことを考えがちですが、
そのようなボウリングの道具を使うことなく、
ボウリングの投げ方で、
十分ショートフックは投げれるのです。


それでは、きれいなショートフックを投げる、
ノーム・デュークの投げ方を動画を見てみましょう。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。